• Creative Performance of Contemporary repertory

    現代奏造 Tokyo

  • コンサート情報

    【現代奏造 Tokyo 第2回定期演奏会】

    ストラヴィンスキー・メシアン 邦人作曲家への浸透

    Stravinsky・Messiaen,their musocosmosis to Japanese composers with wind ensemble

     

    <日時>

    2017年6月27日(火)開演19:00 / 開場18:30

     

    <会場>

    セシオン杉並ホール

    (〒166-0011 東京都杉並区梅里1-22-32)
    Sesion Suginami Hall 1-22-32 Umezato Suginami-ku Tokyo166-0011

     

    <出演>

    指揮 / 板倉康明   Conductor / Yasuaki Itakura
    ピアノ / 藤原亜美  Piano / Ami Fujiwara
    三味線 / 寺井結子  Shamisen / Yuiko Terai

     

    <プログラム>

    ~2017年度 全日本吹奏楽コンクール課題曲より~
    Ⅰ スケルツァンド / 江原大介
    Scherzando / Daisuke Ehara
    Ⅴ メタモルフォーゼ~吹奏楽のために~ / 川合清裕
    Metamorphosis for Wind Orchestra / Kiyohiro Kawai
     

    ~2017年 バンド維新作品より~

    風のファンファーレ ウィンド・アンサンブルと
    フレキシブル・バンドのための祝典音楽 / 中橋 愛生
    A Festive Music for Wind Ensemble and Flexible Band / Yoshio Nakahashi

    秘儀Ⅳ <行進> / 西村 朗
    Higi IV “March” / Akira Nishimura

    石は主張する-吹奏楽のために / 池辺 晋一郎
    The Stones State Their Opinion - for Wind Ensemble / Shinichiro Ikebe
    虹のある風景 / 北爪 道夫
    Landscape with Rainbow / Michio Kitazume


    ビッグドリーム / 江原大介
    Big dream / Daisuke Ehara

    異国の鳥たち / O. メシアン
    Oiseaux exotiques / Olivier Messiaen
    管楽器のための交響曲(1947年版) / I.ストラヴィンスキー
    Symphonies of Wind Instruments / Igor Stravinsky
    ※出演者・曲目・時間等は変更になる場合がございます。予めご了承ください。
     

    <入場料>

    ¥3,000 全席自由


    <お問い合わせ>
    TEL : 090-6273-6420 (代表 山田)
    E-mail : gendaisouzou.tokyo@gmail.com

     

    主催:現代奏造 Tokyo

    特別協力:株式会社 東京ハッスルコピー

    後援:一般社団法人 日本作曲家協議会


    ソリストプロフィール

    藤原亜美〔ピアノ〕

    札幌市出身。東京藝術大学附属音楽高校を経て、東京藝術大学、並びにパリ国立高等音楽院を審査員満場一致の1等賞で卒業。1998年フランスで行われた第3回オルレアン20世紀音楽国際ピアノコンクールにて第1位受賞。在仏中、各地での演奏の他、国営放送ラジオ・フランスの音楽番組にソロ、伴奏にて出演するなど活発に演奏活動を行う。パリに於いてデヴィッド・ロバートソン、ジョージ・ベンジャミン、アンサンブル・アンテールコンタンポランのメンバーによるアカデミーに参加。日本国内では札幌交響楽団(1995年)、東京交響楽団(1999年)、広島交響楽団(2017年)とソリストとして共演。現在東京を拠点に各地でピアノソロ、室内楽の分野において活動中。数多くの日本初演に携わる。2009年ブーレーズ・イン京都出演。東京シンフォニエッタ、Ensemble sans-limiteの各メンバー。ソロCDを含む録音多数リリース。第49回、51回レコードアカデミー賞(現代音楽部門)受賞。東京音楽大学、日本大学芸術学部講師として後進の指導にもあたっている。

    寺井結子〔三味線〕
    生田流箏曲宮城社師範。
    福島市出身。
    遠藤千晶に師事。
    東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業、在学中に宮城賞および同声会賞受賞。
    同大学院音楽研究科修了。
    NHK邦楽技能者育成会第55期修了。
    NHK-FM「邦楽のひととき」「邦楽百番」出演。
    邦楽四重奏団メンバーとして「新作委嘱」「1960年代以降に作曲された現代邦楽作品の再演」「伝統的な三曲合奏」の三つの視座から現代邦楽の“今”を発信している。


    第2回定期演奏会出演メンバー

     

    ●Flute

    下払桐子 松本寛子 益子友里 竹森ゆきえ 河野聖之

    ●Oboe

    久保一麻 鈴木啓美 土屋愛菜

    ●Clarinet

    川越あさみ 石井一成 中山みどり 小澤里沙 園田知潤 鈴木雄大 前澤りな 松永唯 小室ななみ

    小出奈那 吉田かなえ 田中梨乃 松下愛

    ●Saxophone

    大野香菜 由井平太 塚田奈緒子 菊池麻利絵 内田しおり

    ●Bassoon

    相良怜 森田大翔 内海希美子

    ●Trumpet

    菅家琴 関根哲朗 三浦彩夏 山野井大輝

    ●Horn

    紺野謙 植村葉月 山下裕也 金澤佳都 須藤彩華

    ●Trombone

    岡田大和 戸田翔子 宮原健輔 中村広輝

    ●Euphonium

    井口紗希 吉川隼平

    ●Tuba

    青山恵大 國分雅喜

    ●Contrabass

    林みのり

    ●Percussion

    坂本陽香 馬場栞 若山さくら 二見智明 山内創一朗 川本裕之 山田祐将 深川智美

    ●Piano

    平井皐

  • クラウドファンディングのご案内

    現代奏造 Tokyo 第2回定期演奏会 動画配信プロジェクト!

    このプロジェクトについて

    現代奏造 Tokyoは2017年6月27日(火)の19時より、第2回定期演奏会を開催いたします。
    この演奏会の一部の動画を、演奏会にご来場いただけない方へ向けて配信いたします!

    ☆配信動画はYouYube上で一般公開いたしますので、誰でも見ることが出来ます。7月下旬に公開予定です。

    https://motion-gallery.net/projects/gendaisouzou20627

     

    昨年はメンバー所有の機材で撮影を行いました。
    また昨年の演奏会にご来場いただいた方、ご来場いただけずに動画を見ていただいた方から多くのご声援をいただき私達の今後の活動の励みとなりました。

    その後、多くの方と私自身話をする機会が増え、動画配信による社会的効果の可能性を感じています。
    そのため次回の演奏会では、より高品質の動画を配信したいという想いが募りました。
     

    なぜクラウドファンディングなのか?
     

    クラウドファンディングは、インターネットを使って、小額を多数の支援者から募り、アート、音楽、映画などのクリエイティブなプロジェクトを実現する、という画期的な資金調達とサポーター集めの方法です。一般の人々が気軽に参加できるという点で、文化支援における民主的なプロセスであり、日本でもここ数年ほどで徐々に広まってきました。

    一方で、昨今の日本を取り巻く文化予算のカットにより、音楽業界も活動の幅が狭くなっていることが現状です。
    そのため素晴らしいアイデアがあるにも関わらず、資金難のために実現されないことは日本のこれからの文化の成長面からも、公益の損失であると考えます。
    しかし、資金調達のツールの一つとしてクラウドファンディングがより広く日本に普及し、一つでも未知なアイデアが広まれば、社会に新しい体験や価値観をもたらすことが出来るのではないでしょうか。

    また私たちの活動が東京のみではなく、将来的に全国各地での活動を考えております。
    そのため全国の方々からご支援をいただきたく、今回クラウドファンディングを行いました。

    これらの主旨をご理解いただき、今回のプロジェクトにご協力いただければ幸いです。
    資金的な支援は難しい、という方もTwitterやFacebookなどのSNSで広めていただけますと大変嬉しく思います。
     

    本プロジェクトの目的
     

    6月27日(火)の19時よりセシオン杉並ホールで開催する、第2回定期演奏会での一部の作品をYouTubeに配信することです!
     

    私たちの演奏の配信による社会的効果として、以下のことを考えています。
    ・演奏会当日は日程的、地理的にご来場が難しい方との共有
    ・全国各地の教育現場や演奏団体の今後の演奏会プログラミングとしての資料
    ・私たちの演奏を聞かれた作曲家が新たな作品を書く意欲に繋げたい
    ・演奏解釈の新たな知見を提供し、より日本の吹奏楽界の活性化を促したい 
    ・音楽業界以外のクリエイティブな感性に好影響を提供したい


    配信予定の楽曲はこちらです。

    • 石は主張する-吹奏楽のために / 池辺 晋一郎
    • 虹のある風景 / 北爪 道夫
    • 秘儀Ⅳ <行進> / 西村 朗
    • 風のファンファーレ ウィンド・アンサンブルとフレキシブル・バンドのための祝典音楽 / 中橋 愛生
    • スケルツァンド / 江原大介
    • ビッグドリーム / 江原大介
    • メタモルフォーゼ~吹奏楽のために~ / 川合清裕
    資金の使い道

    映像撮影には音質と画質共に、高品質の動画を提供したいため、専門業者に依頼いたします。
    撮影、編集費 10万円
    実現することで、上記の社会的効果を波及できると考えています。
     

    リターンについて

    ご支援いただく皆様には、コース別に以下の特典を用意しました。

     

    ●プロジェクトのエピソードを添えて、お礼メールをお送りいたします。
    このプロジェクトのプロセスと演奏会の模様をいくつかの写真と共にお送り致します。
     

    ご支援いただいた方限定で公開されるアップデートを見ることが出来ます。
    リハーサル風景などのアップデートを行います。
     

    当団HPに、ご希望者の方のみご芳名を掲載いたします。
    ご支援いただいた皆様のご芳名を当団HPに新たにページを作り、掲載致します。
     

    演奏会プログラムを1部進呈いたします。
    この演奏会用に、江原大介さんと川合清裕さんには執筆のご協力をいただいております。
    2,000円コースの方へは一律に郵送をいたします。
    5,000円コースと8,000円コースの方で、ご来場いただいた方へは会場でお渡しいたします。
    5,000円コースと8,000円コースの方で、ご来場いただけない方へは、郵送いたします。
     

    演奏会に一名様をご招待いたします。
    5,000円コースと8,000円コースの方向けです。
     

    G.P.(当日本番前リハーサル)に一名様を見学可能といたします。
    8,000円コースの方向けです。
    本番当日の会場でのリハーサルを見学可能といたします。
    ご希望の方は、14:30にホール会場入口にお集まりください。
     

    想定されるリスクとチャレンジ

    大きな災害等が起こらない限り、演奏会は6月27日(火)の19時より開催致します。

    今回は、プロダクション・ファンディング目標金額の達成の可否を問わず、資金調達が実行される方式)を採用しております。
    目標金額に達しなかった場合も撮影と配信は行い、リターンをご購入頂いた皆様への特典は履行されるのでご安心ください。

    大きなご支援を得られた場合には、今回の演奏作品を全て配信できる可能性もあります。
     

    最後に

    最後までお読みいただきありがとうございました。
    このプロジェクトでは、演奏会にご来場いただけない方へ演奏会の様子を是非お届けしたいという想いと、多方面にいろいろなご提案を出来れば、と考えています。
    それにより、ご覧頂いた方の次へ繋がるきっかけになれば大変幸いです。

    何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 現代奏造 Tokyo

    Creative Performance of Contemporary repertory

    音楽問題意識を共有する若手演奏家により、2016年に結成された管打楽合奏団。音楽監督に板倉康明を迎え、現代音楽分野で高い音楽性を追究し、表現することを目的としている。定期演奏会を軸に、セミナー、指揮者講習会、作曲家からの楽曲募集などを計画。

  • 音楽監督:板倉康明

    Music Director; Yasuaki Itakura

    東京生まれ。東京芸術大学附属高校、同大学器楽科卒業。フランス政府給費留学生として渡仏、パリ市立音楽院、パリ国立高等音楽院を卒業。故アンリエット ピュイグーロジェ女史に音楽全般についての薫陶を受ける。在仏中より演奏活動を始め、帰国後は、クラリネットソリストとして数々の作品の初演、オーケストラとの共演、ソロリサイタル、室内楽及び教育等様々な分野で活躍。高い知性と均整のとれた演奏は何れも絶賛されている。海外の音楽祭にも招待されている。クラリネットを、三島勝輔氏、ギィ・ドゥプリュ氏に師事。
    また、指揮者としての活動も高い評価を受けていて、意欲的に国内外の現代作品の初演に取り組み、同じく国際的に活動している。演奏家としてのキャリアに立脚した精緻な解釈は高い評価を得ている。第66回、68回と日本音楽コンクール作曲部門本選での演奏及び指揮に対して、コンクール委員会特別賞を受賞。2000年3月、現代音楽の指揮活動に対して第18回中島健蔵賞を受賞。東京シンフォニエッタ音楽監督。

    国立音楽大学客員教授。尚美ミュージックカレッジ専門学校コンセルヴァトアール・ディプロマ科講師。

  • 過去の演奏会

    【現代奏造 Tokyo 第1回 演奏会】

    ※終了いたしました

    2016年6月15日(水)開演19:00 / 開場18:30

    <会場>

    野方区民ホール

     

    <指揮>

    板倉康明(当団音楽監督)

    川島素晴(”Percusswitch”作曲者)

     

    <Program>

    織られた時 III ~管楽アンサンブルのための / 野平一郎(2009年 バンド維新作品)
    4本のホルンの為のソナタ / P. ヒンデミット
    ラッシュ / F. ドナトーニ
    Parallel・I / 北爪道夫(2016年 バンド維新作品)
    Percusswitch / 川島素晴(2016年 バンド維新作品)
    焔 / 島田尚美(2016年度 全日本吹奏楽コンクール 課題曲V)

    吹奏楽のための協奏音楽 / P. ヒンデミット

     

    主催:現代奏造 Tokyo

    特別協力:株式会社 東京ハッスルコピー

    協力:株式会社エーピーアイ

    川島素晴(”Percusswitch”作曲者)

    1972年東京生れ。桐朋中学・高等学校(普通科)にて吹奏楽部に所属し打楽器パートを担当。入部当初、高2の先輩から《春の祭典》のスコアを借りて以来20世紀音楽を研究。現代音楽の作曲家を志し、独学で作編曲活動を開始した。当時の作品《ファンファーレ ‘88》は2010年に再演され、書下し新作《吹奏楽のための協奏曲》とともにCD「奏楽堂の響き vol.3」(3SCD-0009)に収録された。
    東京芸術大学、及び同大学院修了、作曲を近藤譲、松下功の各氏に師事。秋吉台国際作曲賞(1992)、ダルムシュタット・クラーニヒシュタイン音楽賞(1996)、芥川作曲賞(1997)、中島健蔵音楽賞(2009)等を受賞。1994年以来「演じる音楽」をモットーに創作活動を行っている。いずみシンフォニエッタ大阪プログラムアドバイザー等、現代音楽の企画・演奏・執筆活動も多い。国立音楽大学准教授、東京音楽大学、尚美学園大学講師。日本作曲家協議会理事。
    代表作に「Manic Psychosis I」(出版:ベーレンライター)、「無伴奏“Kla-vier”ソナタ」(出版:全音楽譜)、「吹奏楽のための協奏曲」(出版:東京ハッスルコピー)などがある。

     

    第1回演奏会出演メンバー

     

    ●Flute

    高木美里 樋口裕香 松本寛子

    ●Oboe

    久保一麻 鈴木啓美

    ●Clarinet

    石井一成 榎本真由美 小澤里沙 川口渚央 小久保菜子 中村愛佑美 山田亜由子 山田知佳子 大和真弥

    ●Saxophone

    赤木俊祐 石山佳奈 大野香菜 塚田奈緒子

    ●Bassoon

    相良怜 橋爪あやか

    ●Trumpet

    菅家琴 関根哲郎 三浦彩夏 山野井大輝

    荒木あかり♦︎

    ●Horn

    紺野謙 滝沢菜月 濱野京子 山本春奈

    ●Trombone

    岡田大和 戸田翔子 宮原健輔

    ●Euphonium

    井口紗希 伊藤優晶

    ●Tuba

    青山恵大 篠原砂月

    ●Contrabass

    呉惇禎

    ●Percussion

    芦川可奈子 坂本陽香 馬場栞 濱崎理絵 山田祐将 若山さくら

    ●Piano

    渡辺啓介

     

    (賛助出演)

  • ピアニストオーディションの結果について

    2月27日(月)に行われました、ピアニストオーディションにつきましては厳正なる審査の結果「該当者なし」となりましたことを、ここにご報告いたします。

    ピアニストオーディションのご案内
    ※終了いたしました。

  • ブログ

All Posts
×